スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WolfcamQLについて、導入方法 キー設定

WolfcamQLとは?
QLのdemoでいろんなことできるようにした物
このWolfcamQLを使えば、demoの一時停止、Freecam視点、demoを動画ファイルor画像・音声ファイル等で録画、スキン、サウンドファイルの差し替え等ができます。

Quake3からやってる人に言えばQ3MMEのQL版といえばしっくりくるかな?


はじめに読んで!
・コンフィグを初期化したい場合は

Win7 >C:\Users\あなたの名前\AppData\Roaming\wolfcamql\wolfcam-ql
XP >%appdata%\wolfcamql\wolfcam-ql または
  >C:\Documents and Settings\あなたの名前\Application Data\wolfcamql\wolfcam-ql (もしかしたら間違ってるかも)


にあるq3config.cfgを削除orリネームでできます


・詰まった場合は付属のREADME-wolfcam.txtを読みましょう もしかしたら解決法が書いてあるかも?


導入方法
1.WolfcamQLをDL
http://www.esreality.com/post/2253818/wolfcamql-9-0/

2.次に、QuakeLiveのbaseq3フォルダの中にあるファイルをwolfcamql9.xxのbaseq3フォルダに全てコピーしましょう
※quakelive\home\baseq3ではなく、quakelive\baseq3なので注意
※Application Data、AppDataが見つからない場合はツール→フォルダーオプション→表示タブ→「すべてのファイルとフォルダを表示する」 or 整理→フォルダーと検索のオプション→表示タブ→「隠しフォルダ、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」にチェック



・QuakeLiveのbaseq3フォルダの場所

XP- %appdata%\id software\quakelive\baseq3または、C:\Documents and Settings\あなたの名前\Application Data\id Software\quakelive\baseq3
Vista- %appdata%\..\LocalLow\id software\quakelive\baseq3
Win7- C:\Users\username\AppData\LocalLow\id software\quakelive\baseq3または、C:\Users\あなたの名前\AppData\LocalLow\id Software\quakelive
Linux- $ cd -/.quakelive/quakelive/baseq3
Mac- Users\Library\Application Support\QuakeLive\quakelive\baseq3


これでたぶん導入は完了


デフォルトのキー設定
デフォルトのbind、キー設定はwolfcam-qlのdefaultwolfcam.cfgに書いてあります

ENTER = フリーカメラ、自由視点のON/OFF
PAUSE = デモを一時停止
UPARROW = 1分飛ばす
DOWNARROW = 1分戻す
RIGHTARROW = 10秒飛ばす
LEFTARROW = 10秒戻す
KP_INS = 通常速度で再生
KP_END = スロー再生
KP_HOME = 早送り
Shift = マウス操作でシーク
CTRL = accuracyの表示
BACKSPACE = HUDの表示切り替え
Eキー = 画面を左に傾ける
Qキー = 画面を右に傾ける
3キー = 画面の傾きを元に戻す
F2 = マウスカーソルの表示切り替え

ここらへんおさえておけば大丈夫かな?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Agekara

Author:Agekara
twitter
negitaku
steam
youtube

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。