スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WolfcamQL - demo見る時に役立ちそうなコマンドとか

長いので続きを読むから。
cg_drawClientItemTimer 1
YA、RA、MHの時間を表示
QLでいう大会でよく使われてるアレみたいなもの
WolfcamQLだと相手or味方がアイテムを取った時に自分が見えないような場所だとカウントされないようなので注意

pause
一時停止

rewind 10
デフォルトでLEFTARROW
10秒巻き戻すコマンド
10のところを変えて30秒とかに変えれる

fastforward 10
デフォルトでRIGHTARROW
10秒飛ばすコマンド
ほぼ同上

+mouseseek
デフォルトでShift
このコマンドをbindして、bindしたキーを押しながらマウスを左に動かすと巻き戻し、右に動かすと先に進めれる

cg_mouseSeekScale 12
+mouseseekの速度を変えるコマンド
個人的には12ぐらいがいいと思う

toggle in_nograb
デフォルトでF2
マウスカーソルの表示切り替え

cg_drawTeamOverlay 1
チームオーバーレイ QLと同じ

cg_drawSpawns 1
spawnポイントを表示するらしい

cg_drawSpawnsRespawns 1
cg_drawSpawnsが1の時にリスポーン場所も表示

cg_drawSpawnsShared 1
CTFなどで赤青どっちもスポーンするポイントを表示するコマンド?

cg_freecam_noclip 1
freecamで壁抜けできるようにするコマンド

cg_freecam_speed 400
freecamの移動速度

cg_wh 1
その名の通りWallhackコマンド

cg_enemyModel "keel/bright"
敵のモデルを統一

cg_teamModel "sarge/default"
味方のモデルを統一

cg_drawPlayerNames 1
頭の上に名前を表示


demo速度変更スクリプト
(aNtiiのconfigから抜粋http://www.2shared.com/file/1xdXGZ63/autoexec.html
bind downarrow "vstr demopause" //ポーズ
bind uparrow "vstr slow" //スロー再生
bind leftarrow "vstr normal"//通常再生
bind rightarrow "vstr ff" //早送り

これは僕がスピード表示を加えたもの
上のbindと↓のテキストをautoexec.cfg等に貼っつければ多分いける

set demopause "timescale 0.1; cl_freezedemo 1;bind rightarrow "vstr ff; bind uparrow "vstr slow;echopopup 0.1"
set slow "cl_freezedemo 0; timescale 0.5;vstr slow2;echopopup 0.5"
set slow2 " bind uparrow "vstr slow-"; bind rightarrow "vstr ff";"
set slow- "cl_freezedemo 0; timescale 0.3;vstr slow-2;echopopup 0.3"
set slow-2 "bind uparrow "vstr slow--"; bind rightarrow "vstr ff";"
set slow-- "cl_freezedemo 0; timescale 0.2; vstr slow--2;echopopup 0.2"
set slow--2 "bind uparrow "vstr slow"; bind rightarrow "vstr ff";"
set normal "cl_freezedemo 0; timescale 1; vstr normal2;echopopup 1"
set normal2 "bind rightarrow "vstr ff"; bind uparrow "vstr slow";"
set ff "cl_freezedemo 0; timescale 2; vstr ff2;echopopup 2"
set ff2 "bind rightarrow "vstr ff+"; bind uparrow "vstr slow";"
set ff+ "cl_freezedemo 0; timescale 5;vstr ff+2;echopopup 5"
set ff+2 "bind rightarrow "vstr ff++"; bind uparrow "vstr slow";"
set ff++ "cl_freezedemo 0; timescale 150;vstr ff++2;echopopup 150"
set ff++2 "bind rightarrow "vstr ff"; bind uparrow "vstr slow";"



テンキーでx秒飛ばすor戻すbind
上のbindを導入した場合、デフォルト設定だとx秒飛ばすor戻すのキーが潰れるので代わりに僕の使ってるbind

bind KP_5 "fastforward 60"
bind KP_DOWNARROW "rewind 60"
bind KP_END "rewind 10"
bind KP_PGDN "fastforward 10"


テンキーの1(左)が10秒戻す
テンキーの3(右)が10秒飛ばす
テンキーの5(上)が1分飛ばす
テンキーの2(下)が1分戻す

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Agekara

Author:Agekara
twitter
negitaku
steam
youtube

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。